IXTの森

iXledger及びIXTに関する情報を発信していきます。

iXledgerホワイトペーパー読解vol2(テクノロジー編)

前回の投稿はこちらです。 

ixtforest.hatenablog.com

 

今回はiXledgerが採用する技術の特徴について見ていきたいと思います。

 

iXledgerプラットフォームで提供される機能

iXledgerプラットフォームは保険専門家が保険ビジネスの全プロセスにおいて市場との連携や収益性を最大化することができる一連のツール・機能を提供すると記載があります。具体的には以下の機能です。

  • 強力な保険のマッチング機能(検索機能)
  • リアルタイムのインスタントメッセージング機能
  • モバイルアプリケーション
  • 安全にデータを共有する仕組み
  • ポートフォリオリスク管理
  • テンプレート駆動MRC(Market Reform Contract)の作成
  • 市場分析とパフォーマンス分析
  • ビジネスパートナーの招待機能
  • 新規ビジネスパートナーの検索

 

改めて見るとモバイルアプリ提供するのかとかMRCってなんじゃらほいっていう。。

誰か保険業界の人教えていただけるとありがたいです。

ちなみにMRCでググったらこんなページが見つかりましたが、見てません。。

ドメインがロイズに関係ありそう。時間があったらあとで見てみます。

http://www.lmalloyds.com/CMDownload.aspx?ContentKey=79fed98b-004b-48a6-834f-a209d29888fe&ContentItemKey=b49c5c78-c1e6-46e0-911e-85cda0e7c9b8

 

想定顧客

  • 保険仲介人(ブローカー)
  • 保険会社
  • 再保険会社

ということで保険の専門家のためのプラットフォームです。

ちなみにロードマップ上では将来的にBtoC向けの機能を増やす予定があります。

最近の公式テレグラムではBtoC向けのソリューションを公募しようかと思っているとCEOの発言もでましたね。

 

プラットフォームの強み

  • 新しい技術により既存の市場(ロイズ)とは別の市場を提供
  • 独立系プロバイダーとして特定の市場、保険会社、またはコンソーシアムに縛られることなく、業界標準に準拠したソリューション
  • プラットフォームの機能をSoftware as a Service(SaaS)として提供する事で利用ユーザーの内部システムとの統合やサードパーティ(FidentiaXやSelfInsuranceMarket.comなど)との連携が可能

またプラットフォームの機能ではありませんが、先日FCAによるAppointed Representativesの許可により保険商品の販売が自社のみで可能になりました。これも他社にない強みとなるでしょう。

 

テクノロジー

ブロックチェーンが大きく誇張されていますが、実は特徴的な技術要素としては以下から成り立っています。

  • コンソーシアム型とパブリック型のハイブリットブロックチェーン
  • 為替レートなどを取得するためのオラクル機能
  • セキュリティとデータプライバシー制御
  • Novel Tree Structureをベースとした独自のツリー型マッチングエンジン(検索エンジン)
  • DocuSign社のデジタル署名標準搭載

 

ブロックチェーンはハイブリット型です。コンソーシアムブロックチェーンはこれまでの公式の話から、おそらくイーサリアム(もしくはQuorum)のプライベートチェーンと思われます。

 

f:id:ixtchihuahua:20180709184059j:plain

IXledgerホワイトペーパーより引用

 

また次の図は基礎となるスマートコントラクトの構成を示しています。

まだ設計途中のような図ですが、それぞれ見積もりやプレミアムごとにレジストリーと呼ばれるコントラクトを作成し、データを操作するようです。

 

f:id:ixtchihuahua:20180711155201j:plain

iXledgerのホワイトペーパーより引用

 

以下の図は外部のオラクルを実行する際の処理フローを表しています。

スマートコントラクト内でオラクルのデータが欲しい時に以下の手順でイベントが発生し、データが取得されるようです。

f:id:ixtchihuahua:20180711155226j:plain

iXledgerのホワイトペーパーより引用

 

データセキュリティとプライバシーに関しては大きく3つの考慮があるようです。

  1. ドキュメント共有
  2. スマートコントラクト上の暗号化
  3. 個人情報の削除

ホワイトペーパーではあまり詳細は語られていませんが、保険請求時の医療データなども考慮している様です。

 

マッチングエンジンについてはかなり研究している様です。ホワイトペーパーには具体例も出ていますが、長くなってきたので割愛します。

 

今回は技術的な側面を読み解いて行きました。

iXledger社がブロックチェーンだけでなく随所にこだわりや強みとなる技術を研究している事がわかりました。

 

次回は一番気になるトークンについて見て行きたいと思います。